スマホ

【現役形態販売員が教える!】ドコモ分離型プラン

投稿日:

こんにちは、ぽんです。

今回は、ドコモの分離型プランについてです。

ニュースで取り上げられて、騒がれているけど…何が変わるの?

まだドコモの正式な発表前ですので、こうなるのでは?という予想ですが、現役の携帯販売員のぽんが解説していきます!

 

まずは現状プランについておさらい

 

新しいプランは分離型っていうけれど、一体何が分離しているの?!と疑問に思う方は多いですよね。

 

何が分離しているか。

それは、機種代金が機種代金から分離する、わけです。

政府としては、今のプランが消費者にとって非常ーーーーーに分かりにくいから、料金と機種代金を分離して、誰が見ても分かるようにしなさいね。と提案しているわけなのです。

今の現状プランはこんな感じです。(テキトーですが)

 

カケホライト 1,700円

spモード 300円

ベーシックパック(〜1GB利用時) 2,900円

月々サポート▲1,000円

機種代金 2,000円

合計5,900円

 

今のプランの悪いところは、毎月の割引と機種代金を混ぜて「機種代金の実質負担」という言い方をしているところ。

上の例でいうと、

機種代金2,000円▲月々サポート1,000円=機種代金の実質負担 1,000円

と言っているわけです。

 

「こちらの機種は使っているうちは、機種代金は毎月1,000円です」

大体の販売員は、こう説明します。

すると機種代金が毎月1,000円しかかからないと錯覚してしまいませんか??

本当は2,000円です。

ここら辺の分かりにくいところを改善しなさいってことらしいです。

 

分離型プランになると…

 

分離型プランは、私は改悪になってしまうのではないかと思っています。

なぜかというと、料金が結果、上がってしまうのではないかと思うからです。

 

ドコモが発表している分離型はこちら

・月々サポートの廃止

・ドコモWithの廃止

・基本料金の引き下げ

 

分離プランの予想

月々サポートがなくなると…

カケホライト 1,700円

spモード 300円

ベーシックシェア 2,900円

機種代金 2,000円

合計6,900円

機種代金がそのまま乗ってきます。

他社のau、SBではすでに分離型プランになっていて、機種代金の負担を減らすために機種代金を24回払いから48回払いに変更しています。

しかし、48回分割自体、縛りを作るとして政府ではやめろ!と言っているわけです。それを絶対に48回分割はしないと言っていたドコモは、おそらくしないと思います。

そのために基本料金の割引をすると、ドコモは言っています。

が、そこまで割引できるか?と私は思います。

まず、月々サポート適用時と一緒になればすごいことではないかと思います。

でも現状の割引を考えると…

結果、分離型プランになると割高になってくるのでは?と考えます。

 

ドコモWithの廃止は痛手

 

料金が高くなるのでないかと思うもう一つの理由は、ドコモWithの廃止です。

ドコモWithとは、With対象端末を購入すると、次回の機種変更まで1,500円の割引が受けられるというドコモの割引サービスです。

このWithは、2年で機種変更しない長期ユーザーにとっては、安くスマホを維持できる割引です。

 

また乗り換えでスマホを購入する人にとっても、端末が一括0円で唯一割引を受けられる買い方です。

端末一括0円でも、端末購入サポートがあると月々サポートが受けられないので、Withで一括0円が安く持てます。

(ぽんも半年後くらいに、Withで乗り換えしようと思っていたので、残念です。)

 

これで、機種変更の際も長期ユーザーにはそこまでメリットが生まれないこととなり、乗り換えユーザーにも安く乗り換える方法も消える…

結果、高くなる可能性が高い

と考えます。

 

終わりに

 

ドコモがどのくらい安いプランを打ち出してくるかは、まだ分かりませんが、今より安くなるプランに期待します!!

 

 

 

 

 

 

 

-スマホ
-,

Copyright© モバイルサプリ。 , 2019 All Rights Reserved.