スマホアクセサリー

【落し物スマートトラッカー】tileを使ってみた!

投稿日:

こんにちは、ぽんです。

今回は、じわじわと人気が広まりつつある落し物トラッカー「tile(タイル)」の設定について解説していきます。

 

「tile」ってなに?

 

あれ??鍵がない!!

今から出かけないといけないのに!

ああー!!

鍵さん、返事して!!

 

と思うこと、ありますよね。

誰しも一度は経験があると思います。

 

今回、ご紹介する「tile」ですが、「tile」を取り付けた品物がまさに「返事をしてくれる」商品なのです。

 

①スマホと連動して、居場所を音で知らせてくれます。

 

今回、ぽんが購入にいたった理由が、鍵を無くしたからです。

無事、外出先のお店で見つけることができましたが、家についてから気が付いたので、家には入れないし、どこで落としたかも分からないし、また往復で交通費がかかるしと本当に冷や汗ものでした…。

この「tile」があれば、

②居場所の地図を表示させることができます。

 

今回、私が購入したのは「tile Mate」という商品です。

 

①居場所を音で知らせる

 

「tile」の設定が終わったら、アプリを起動します。

Bluetoothで接続します。

 

今回は「tile」を鍵につけてみました。

設定で、この設定をONにしておくと、「tile」を設定したスマホも音を鳴らして探すことが可能になります。

上記の画面は、下記の設定をONにした状態です。

 

 

早速、探してみる!!

 

ポチッと押すと、

 

 

「♬〜♪〜♬」

結構な大きな音で、「tile」が鳴り、すぐに見つけられました!

(深夜だったのでビックリ)

 

登録しているスマホを鳴らすには?

 

スマホを操作してアプリでtileを鳴らすのに、どうやってスマホを探すの?と疑問に思った方もいると思います。

tileの「ヒント」で見つけました!

 

なぬ?!

早速やってみました。

 

tile「ポチポチ」

iPhone「♬〜♪〜♬」

 

おおーー!

しかもこれ、iPhoneの音量の設定に限らず、最大音量で音を鳴らしてくれるんです!

マナーモードに常にしている私のiPhoneでも、ちゃんと鳴りました。音が鳴り、iPhoneを操作すると音は普段の設定に戻りました。

 

 

②居場所を地図で知らせる

 

 

赤枠を押します。

 

青い丸がtileで、登録されているスマホのiPhoneも表示されました!

基本はBluetoothの接続圏内なら地図が表示されます。

遠く離れて、tileがBluetooth圏外にある場合でも、最後に接続が途切れた場所と時間が、アプリに地図に表示されるので、落とした位置が特定できます!

 

tileコミュニティー

 

実はtileのすごいところは、上の機能だけじゃないんです!

このtileですが、全世界で1,000万個以上の販売がされています。

自分のtileを、他のtileユーザーが協力して探してくれる「tileコミュニティー」という機能があります!

 

tileを紛失し、Bluetooth圏外になった場合に適用されます。

tileの電波をtileアプリを起動している他のユーザーがキャッチすると、その位置情報を保有者のアプリに通知して、保有者のtileの位置情報を更新してくれます。

名前は匿名になるので安心です♬

みんなで協力しあえるの、なんかステキですよね。

さらにtileユーザーは全世界にいるので、日本国内のみならず海外旅行での紛失にも活躍してくれそうです!

 

終わりに

 

このtileですが、値段もそんなに高くないので、物をよく失くして困っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか??

(希望小売価格:2,980円)

 

 

-スマホアクセサリー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【落し物スマートトラッカー】tileを設定してみた!

  こんにちは、ぽんです。 今回は、テレビでも紹介されてじわじわと人気が出ている落し物を探せる落し物スマートトラッカー「tile」を購入して登録するまでをご紹介します。   見つけ …